有名飲食店で起きた犯罪レベルのパワハラ!ブラックバイトを辞められない理由とその対策は?

マスター

マスター

いらっしゃいませ。ようこそ退活カフェへ。

おや、膝から血が!

一体どうしたんですか?

相談者

相談者

バイト先のパワハラに耐えかねて、退職を申し出たら怒り狂った店長が襲い掛かってきて・・・

思わず逃げ出した時に、慌てて転んでしまいました。

マスター

マスター

と、とにかく座って落ち着いてください。まずは手当を。

それは逃げて正解ですよ。

パワハラの域をとっくに超えてます。

相談者

相談者

でもスマホに何度も店から着信が来てるし、

戻らないと・・・

マスター

マスター

ブラック経営者と自分で交渉しようとしてはいけませんよ。

脅迫がエスカレートして取り返しのつかないことになる恐れがあります。

この記事では、犯罪レベルの拘束・恫喝・暴力で学生アルバイトを奴隷のように働かせた事件をご紹介します。

信じられないような、本当のお話です。

ブラック飲食店が学生バイトを包丁で刺して逮捕!有名チェーン店で行われたパワハラの数々

2016年、衝撃的な事件が発覚しました。

有名飲食チェーン店の店長夫妻が、学生のアルバイトにパワハラを繰り返し、

挙句に暴力までふるっていたと言うのです。

アルバイトに暴行、「しゃぶしゃぶ温野菜」元従業員逮捕。「ブラックバイト」の実態が浮き彫り

飲食店チェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」の北習志野店(千葉県船橋市、閉店)で、

アルバイトの男子大学生に暴行を加えたとして、千葉県警は11月28日、

元従業員の男性を逮捕したと報じれられました。

報道によると、男子大学生は今年6月、逮捕された男性やその妻の女性店長から、

この店で4ヶ月間無休で長時間働かされた上、包丁で刺されたり、首を絞められたりしたとして、

千葉県警に告訴状を提出していました。

引用元:MAG2NEWS 2016/11/30

唖然としてしまいますよね。

よく奴隷労働とか言いますが、奴隷だってもっと優しく扱われていたと思います。

完全に人間扱いしていない所業の数々。一体なぜこんな事件が起きてしまったのでしょうか?

相談者

相談者

何これあり得ない!

私ももし逃げなかったらどうなっていたか・・・

マスター

マスター

お客様の前ではニコニコしていても、バックヤードでは豹変する経営者っていますからね。

繰り返しますが、この手の人とは直接交渉してはいけません。

女性の場合はセクハラも心配ですしね。

辞めたら懲戒免職・4ヶ月無休でサービス残業・20万の自腹購入・・・学生バイトが受けたツラすぎる被害の数々

こんな事件を見ると、

なぜこの学生バイトは辞めようとしなかったのか?

と疑問に思う方もいらっしゃると思います。

しかし事件をさらに詳しく調べて見ると、

とんでもない実態が明らかになりました。

Aさんもこのころから週5から6日の勤務となり、任される業務も営業中の接客や皿洗いだけでなく、

閉店後の「クローズ作業」など増えていった。

そして時期を同じくして、今回問題となった、当時の店長らによるAさんを殴ったり首を絞めたりするなどの日常的な暴行が始まっていったという。

さらに、そうした過酷な勤務に耐えかねて、徐々にAさんはアルバイトを辞めたいと思い始めていた。

しかし店長にその旨を伝えたところ「辞めるなら、ミスが多いので懲戒免職にする。懲戒免職になると就職に影響が出るからな」などと言われ、

Aさんはそれ以降辞めると言い出すことすらできなくなった。

2015年4月以降からはAさんは4ヶ月もの間1日も休まずに連続勤務を強いられ、

1日の勤務時間も昼の12時過ぎから深夜の25時すぎまで、1日12時間程度働いていた。

そして2015年5月以降(正確な日時はAさん自身も記憶が曖昧である)、店長は、店舗にあった調理用包丁(刃渡15cm)を持ち出して、勤務中のA さんの左胸を突き刺した。

他にもこの期間にはAさんへの制裁として20万円以上に及ぶ自腹購入を強いたり、

Aさんの些細な仕事上の失敗を取り上げて、「(そのミスのせいで)店が潰れたら責任を取ってもらう、4000万円の損害賠償請求してやる」と言った発言があったとされている。

・・・もはやパワハラとか嫌がらせと言ったレベルを超えた、傷害事件です。

店長はミス多さを理由に懲戒解雇にすると脅迫していますが、実際にはそれだけで懲戒解雇などできません。

明らかな不当解雇です。

しかし法知識のない学生が大人からこんな風に脅されたら、恐怖で言いなりにならざるを得ませんよね。

相手の無知に付け込んで、嘘と恐怖で立場の弱い人を支配するのはブラック企業の常套手段です。

それ以外の何ヶ月も無休で長時間労働、20万にも上る自腹購入、4000万の損害賠償・・・すべて労基法を筆頭に、あらゆる法に反しています。

暴力や包丁で刺すなど論外。

他にも加害者は「家まで行く、殺してやる」と電話で脅迫したりと、鬼畜の所業が次々と明らかになっています。

これでは恐怖で辞めるに辞められなくなるのも当然ですね。

相談者

相談者

私も店長に住所や電話番号を知られてるから、報復が怖くて言いなりになるしかなかったんですよね・・・

マスター

マスター

もはやストーカーですね。

ここまで来ると、自力での解決は困難になってきます。

トラウマ・うつ病・PTSD・・・パワハラによる深刻な後遺症に転職を阻まれる

しゃぶしゃぶ温野菜パワハラ事件は、マスコミが騒いだこともあって警察が動いてくれました。

しかし加害者は逮捕されたものの、罰金刑のみで終わり。

一方被害者は長期無休勤務のせいで、2年生前期の授業にはほとんど出席できず、

単位をすべて落としてしまい、さらに希望していたゼミにも入れず、留年の危機に陥りました。

その後どうにか生活を立て直して4年まで進級し、就職の内定も得たものの、

民事訴訟の和解成立時に「働くのが怖い」と漏らしていたそうです。

この手の問題で本当に厄介なのは、包丁で刺された傷もさることながら、

それ以上に心に深い傷を負うことです。

そしてそのトラウマはその後も長い間、後遺症として被害者を苦しめることになります。

トラウマがさらに重症化してうつ病やPTSDを発症すると、長期間通院や投薬治療の負担を強いられます。

そうなると退職後の転職にも悪影響が出て、人生そのものが狂ってしまう恐れもあります。

相談者

相談者

私も襲いかかってきた店長の形相がチラついて、眠れなくなりそうです。

もっと私が上手く立ち回っていれば・・・

マスター

マスター

どうか自分を責めないでください。

あなたは悪くないんですから。

経営者がヤバすぎて自分で退職の交渉ができないとお困りの方に、

ピッタリのサービスがあります。

それが退職代行です。

ブラックバイトを『即・楽・得』に辞めたい方にイチオシの退職代行『汐留パートナーズ法律事務所』

あなたが不幸にもブラック上司や経営者の下で働くことになってしまったら・・・

まず大切なのは正常な判断力が残っている内に辞めることです。

大袈裟なと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、ブラック経営者から恐怖で支払されると、

辞めることより自殺を選んでしまいます。

脅している訳ではなく本当のことです。

現に毎日のように電車に飛び込む人がいるのですから。

死ぬくらいなら辞めればいい、と思える内に辞めてください!

心が病んでから辞めると、長らく後遺症に苦しむことになります。

退職も虫歯やガン検診と同じ。

早期発見、早期対策が大切です!

次に自分で交渉しないこと。

日本人は辞める時はちゃんと顔を合わせて報告するのが社会人の責任!

と言う価値観が蔓延しています。

しかし世の中にはまともに話が通じない、対話が成り立たない人と言うのが存在するのです。

サイコパスと呼ばれるタイプの人で、悪いことしても一切うしろめたさも罪悪感も感じません。

良心が欠如しているので、嘘も脅迫も平然とやってきます。

残念なことにサイコパスはパッと見迷いが無く堂々としていて人を惹きつける魅力もあるので、

経営者や政治家として成功してしまう場合も多いです。

退職代行EXITの社長もこうおっしゃっています。

自分が悪いことをしていると言う自責の念が根本的に抜け落ちているので、

どれだけ残酷なことでも平気でできてしまうんですね。

この手の人と誠心誠意話し合おうとしても、こちらが消耗するだけです。

必ず間に人を入れて交渉しましょう。

そして間に入れるのは、弁護士の退職代行がおススメです。

なぜか?

実は一般の退職代行は、相手に退職の意思を通知するこしかできません。

弁護士法で禁じている非弁行為になるためです。

なので辞めたら懲戒免職にするだの裁判を起こすだのゴネてきた場合、それ以上交渉することができません。

脅迫を用いて退職を妨害してくるブラック経営者と対峙して交渉するには、弁護士が最も有効です。

もう一つ、今回の事件のように長時間労働を強いられてきた方は、例えアルバイトであっても巨額な未払い賃金が発生しています。

さらに、暴力を含むパワハラを受けて心身が傷付いた方は慰謝料を請求することができます。

未払い賃金も慰謝料もあなたが受けた仕打ちに対する正当な対価です。

黙って辞めることはありません。きっちり取り戻しましょう。

未払い賃金等の請求ができる退職代行は、弁護士だけです。

弁護士の退職代行の汐留パートナーズ法律事務所は、

  • LINE又はメールで全国無料相談・即日退職可能(即)
  • 交渉はすべて弁護士に丸投げOK(楽)
  • 未払い賃金・慰謝料・有休消化請求可能(得)

と精神がギリギリまで追い込まれている方が駆け込むにはピッタリの退職代行です。

マスター

マスター

汐留パートナーズ法律事務所は、

相談料無料・退職代行料5万(税別)・未払賃金等は回収額の20%の完全成功報酬制と、

リスクの少ない料金体系になっています。

口コミや評判など詳細を調べたい方は、

弁護士の退職代行 汐留パートナーズは高過ぎ?口コミ・評価を徹底調査!

の記事も併せてご覧下さい。

相談者

相談者

ありがとうございます!

もう店からの電話には一切出ないで、

弁護士を通してお話しすることにします。

まとめ

マスター

マスター

飲食のブラック労働と言えば、名ばかり管理職などの社員の問題だと思われがち。

しかし空前の人手不足で、パートやアルバイトまでが長時間労働や退職妨害の被害に会い、

さらにそれがエスカレートして、パワハラを超えた犯罪行為にまで及んでしまう事件が多発しています。

そういう状況で我慢していると正常な判断力が失われて、取り返しがつかない傷を負ってしまいます。

犯罪まがいのハラスメントをしてくる上司や経営者とは、自分で話し合いをしてはいけません。

これはおかしい、と思ったら一刻も早く退職代行に相談してください。

秘密は厳守します。

おススメ退職代行はコチラ

「即・楽・得」に辞めるには弁護士の退職代行が便利!

ブラック企業でもう限界・・・すぐに辞めたい。

そんなあなたには、汐留パートナーズ法律事務所の退職代行がおススメです!

  • 最短で即日退職(即)
  • 交渉は弁護士にお任せ(楽)
  • 残業代請求も可能(得)

相談料無料・全国対応・LINE相談可!

お気軽にご相談ください。

詳細はコチラ

相談はコチラ